育毛COMPANY

誰もがいつか向き合うことになる「薄毛」を改善する方法を模索する情報サイト

つむじの薄毛(つむじはげ)を隠せ!手軽にできる方法とシャンプー対策

kaputze-1171625_1280

   

自分のつむじを見る機会は中々ないですが、ある時ふと見てみたら思って以上に薄くてショックを受けた!なんて人は意外と多いのではないでしょうか。

でも対処法がよく分からないし、専門のクリニックに相談するのも恥ずかしい…。
いつの頃からか人の目線が気になるようになってしまったり…。

そんな心当たりのある方は、まずはお手軽な方法から試してみませんか。

毎日のシャンプー、つむじの洗い忘れにご注意

まずは日頃のケアからチェックしていきましょう。

毎日のシャンプーの時に、ちゃんとつむじ(頭頂部付近)が洗えていますか?
おでこの生え際や耳の後ろ側は念入りに洗っているけど、つむじまで気が回っていないなんてこと、ありませんか?

シャンプーをしっかり泡立てて、両手の指の腹でマッサージするようにゆっくりゆっくり洗いましょう。

余分な皮脂の詰まりを取り除くことが重要ですが、マッサージによって頭皮全体を柔らかくすることで血行が良くなり、薄毛が改善することもありますので、洗い方はとても重要なのです。

そして頭頂部には『ツボ』がありますので、痛くない程度に押して刺激してあげると色々と良い効果があるので続けてみると良いでしょう。

主に頭痛、眼精疲労、肩凝り、不眠などに効果があると言われています。

ゆっくり洗うことでリラックス効果もありますので、まずは毎日の洗い方から試してみてくださいね。

ブローを身に付け、ふんわりとセットする

続いてはブローによるヘアセットです。

ブローと言っても美容室で行うような難しいものではなく、ちょっとしたコツでふんわりとセットし、つむじを目立ちにくくするだけ。

どなたにでも簡単にお試しいただけます。

用意するものは、ドライヤー、ヘアブラシ、ヘアスプレー。
※ヘアブラシは目の粗いもの、ヘアスプレーは女性用の「前髪キープ」「カールキープ」などを使うと自然に仕上がります。

やり方はとっても簡単。
髪の毛を乾かす時に、つむじから後頭部付近の髪の毛を逆毛を立てるようにして乾かし、根元が立つようにヘアスプレーを振りかけ、ブラシでふんわりと整えるだけ。これだけです。

コツは毛先ではなく根元の方にドライヤーの風をあてて、「向きを覚えさせる」こと。

これが基礎となり、あとはご自身のつむじの向きやクセに合わせて調節してみてください。

最初は難しいかもしれませんが、慣れれば乾かす方向と仕上げのスプレー&ブラシで整えるだけですので、短時間でセット出来るようになりますよ。

時間のかからない薄毛隠しスプレーを使ってみる

最近ではテレビの通販でも見かけるようになった『薄毛隠しスプレー』。

気になる部分にシューッとスプレーするだけで、薄毛を目立たなくしてくれる画期的な商品です。

髪色に合わせてスプレーの色が選べたり、育毛成分が配合されているものや、専用のシャンプーなどの付属品も売られています。

ネットでも買えるので、レビューを参考にしたりして一度試してみてはいかがでしょうか。

このスプレーの最大の長所は「時間が掛からない」という点です。
1~2分で出来ることなので、非常に効率的だと思います。

最近のこういった商品は成分も安心出来るものが使用されていますし、汗や水にも強く、「一度使ってみたら手放せなくなった」という方も多いようです。

注意点としては、スプレーする位置を誤らないことと、かけすぎないこと、でしょうか。

お父さんやお爺ちゃんへのプレゼント…には向いてないかもしれないですね。

帽子(ハット)というお洒落をを楽しむ

帽子で薄毛を隠すのでは本末転倒と思われるかもしれませんが、お洒落を楽しむという目線で、是非とも帽子をオススメしたいです。

帽子(ハット)は年齢関係なく身に付けることが出来ますし、上手にコーディネートしているお洒落な人ってとても格好良くて素敵ですよね。

「隠すために被る」のではなく、「被ったことにより隠れている」のです。

蒸れないように通気性の良いものや高さのあるものを選んだり、被る前に髪の毛がペタンとならないように工夫して被ることを心がけると良いでしょう。

「ファッションには自信がない」という方は、まずはお店で試着してみてくださいね。

眼鏡と同じように、自分に似合う帽子が必ず見付かるはずです。そうして新しい自分を発見すると、世界が広がってワクワクしますよね。

新しい自分を見付ける事も大事ですが、薄毛には遺伝的なものや体質、生活習慣なども関係しています。

最近では自分の体質やなりやすい病気などを唾液でチェック出来る『遺伝子検査キット』も広く売られるようになり、「自分の知らない自分」を手軽に知ることが出来るようになりました。

自分自身への知識を深め、生活習慣を見直すなどして薄毛の進行を防ぐための予防対策も忘れずにしていきましょう。

髪を増やすための育毛アイテムランキング(準備中)

 - 育毛雑学