育毛COMPANY

誰もがいつか向き合うことになる「薄毛」を改善する方法を模索する情報サイト

テストステロンとDHT、薄毛の関係って?

   

テストステロンとは男性ホルモンの一種であり、5α還元酵素と結びつく事により、男性の薄毛の主な原因であるAGAを引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)を生成します。

そのため、男性ホルモンの一種「テストステロン」が薄毛に悪影響を及ぼすとイメージを持たれている方も多いかもしれませんが、テストステロン自体が脱毛を促すというわけではありません。

むしろテストステロンの血中濃度が高い方が髪の毛を含む体毛が太く・たくましい傾向にあるとも言われています。

テストステロンはAGAを引き起こす原因物質ではなく、むしろこの男性ホルモンの減少がAGAを誘発していると言われています。

と言いますのも、テストステロンは20代をピークに年齢と共に減少していきますが、この男性ホルモンの一種が体内で減少するとそれを補うために5α還元酵素との結合を促進し、DHTをより多く生成してしまうという傾向があります。

結果的にテストステロンの減少がAGAを引き起こすといっても過言ではないからです。そのため、AGAによる抜け毛・薄毛を防ぐためには、AGAの主たる原因であるDHTの抑制、テストステロンの減少を防ぐ対策が大切になってくるというわけです。

DHTを抑制するためには5α還元酵素の働きを抑える事が効果的なので、5α還元酵素に作用するAGA治療薬をAGA治療に特化した専門病院で処方してもらうといった方法が有効です。

同じく、5α還元酵素の働きを抑える成分が配合された育毛剤・シャンプー・サプリなどを利用するのも効果的だと言えます。

ただ、5α還元酵素には2種類あり、その量やDHTに対する受容体の感度には個人差があります。人によって異なる部分が大きいため、まずはそういった体質に関して検査を受けてから治療を受けるのがベター。

また、テストステロンの減少を防ぐためには、分泌量を高める亜鉛やビタミンD、チーズやアーモンドなどに含まれる良質な油を摂取する事、ストレスを溜め込まず生活習慣の改善を図る事が効果的です。

特に、しっかり睡眠を取る事と筋トレは分泌量の増加をもたらす研究結果が報告されているので、これらに意識して取り組めば薄毛の予防・改善につながるでしょう。

これも人によりますが、フュージョンEXなどの男性向けサプリで髪が生えた、という口コミもありました。

おそらく様々な動物由来の精力成分によってテストステロンが分泌され、DHT生成が減り、薄毛改善につながったのではないでしょうか。また、上記サプリには前述した亜鉛やビタミンDも含まれています。

髪を増やすための育毛アイテムランキング(準備中)

 - 育毛雑学