育毛COMPANY

誰もがいつか向き合うことになる「薄毛」を改善する方法を模索する情報サイト

健康保険適用外の育毛治療は医療費控除になる?ならない?知っておきたいお金の知識

健康保険適用外の育毛治療は医療費控除になる?ならない?知っておきたいお金の知識

   

医療費控除って!?

医療費控除って!?

なにかとお金のかかる育毛治療は、残念ながら健康保険適用外です。命に関わる治療ではないので美容整形と同じ分類とみなされ、自費診療(自由診療)となっているのですね。では、医療費控除はどうなのでしょうか!?

医療費控除の申請を皆さんはしたことがありますか?医療費控除は、家族全員の医療費を合わせて年間の医療費が10万円を超える場合、その医療費の一部を税金から控除することです。確定申告の際に領収書を添付して申請します。

医療費控除の申請をすると、かかった医療費から10万円(所得が200万円以下の場合、所得の5%)を差し引いた残りの1割が還元されます。納めた税金を返金してもらうということなので、控除額以上の税金を納めている人が対象となります。

育毛治療は適用される!?

育毛治療は適用される!?

AGA治療は、続けていくと結構高額な治療費を支払うことになります。診察代と薬代で、1ヶ月に10,000~15,000円くらいはかかります。メソセラピーやレーザー照射などの治療を受けるとしたら、もっと出費が膨らんでいきます。ですからぜひ医療費控除を認めてほしいところですが……

育毛治療は基本的に医療費控除の対象外となります。ですが、なんとプロペシアは頭頂と前中頭部の男性型脱毛の治療として、国が医療費控除の対象と認めている唯一の薬です。逆にいうと、そのほかの薬を使った治療は対象外、ということになります。

そのほか例外としては、薄毛が原因で精神障害を負ってしまったり、病気の治療のため薄毛になってしまったりして、そのための治療の一環として必要だった場合には、育毛剤や薬用育毛シャンプーでも控除対象になることがあります。

ですが実際は、医療費控除になるかならないかの判定は、税務署の担当者の判断に委ねられるあいまいなもの。育毛の治療薬が医薬品だった場合、きちんと領収書を揃えて申請したらすんなり通ってしまうこともあるようです。ダメもとで申請してみては!?

医療費控除がムリなものは!?

医療費控除がムリなものは!?

市販のビタミン剤などは医薬品として扱われますが、治療目的ではなく滋養強壮目的の使用であれば、医療費控除の対象となりません。ですが医者が処方したものは、治療補助としてみなされれば医療費控除の対象になることもあります。

また、育毛治療が「自分の美のための医療行為」と判断されてしまうと、医療費控除は適用されません。薄毛でどれだけ精神的苦痛を感じているか、ということをアピールする必要があります。でも、この判定も税務署の担当者によるところが大きいのですよね……

まずは相談してみよう!

育毛治療は医療費控除の対象にならないという原則がありますが、条件や税務署によっても判断が分かれるところです。ぜひ最寄りの税務署や税理士に相談してみましょう。

それにしても、育毛治療を受けている人にとっては、治療費の負担は相当なもの。せめて早くAGAが疾患として認められ、医療費控除も健康保険も適用される日が来るといいですよね!

髪を増やすための育毛アイテムランキング(準備中)

 - 育毛雑学