育毛COMPANY

誰もがいつか向き合うことになる「薄毛」を改善する方法を模索する情報サイト

発毛、育毛を実現!ハゲない帽子のかぶり方を徹底検証

gangster-539993_1280

      2016/02/17

「プレゼント、去年帽子で今年くし」(2009年度リーブ21主催の発毛川柳大賞)なんて川柳があるくらいハゲと帽子には密接な関係があるようで、特に最近おでこの広さが気になったり仕事で嫌でも帽子をかぶらなくてはいけない方にとっては重大問題です。

そもそも帽子をかぶるとハゲるという話は本当なんでしょうか?今回はそんな悩みを解決すべくハゲない帽子のかぶり方を徹底検証!ぜひあなたの髪の健康にお役立てください。

帽子は髪の大敵?帽子をかぶるとハゲる理由

帽子はかぶり方によっては髪に悪影響を及ぼします。まずは帽子をかぶるとハゲる理由についてご説明しましょう。

帽子をかぶると頭が蒸れる

長時間帽子をかぶり続けると頭が蒸れて皮脂が多くなります。よく言われるのは過剰に分泌された皮脂が毛穴を詰まらせ発毛を妨げるというものですが、加えてマラセチア菌の異常繁殖も薄毛の原因とされています。

マラセチア菌は皮膚の表面にあるカビの一種で皮脂を栄養にして繁殖しますが、頭が蒸れて皮脂が多くなるとマラセチア菌が増殖。フケや痒みを引き起こして育毛や発毛の妨げになります。

帽子がきつ過ぎる

髪の毛はよく植物に例えられます。つまり良い土壌じゃないと髪も植物も育たないという理屈です。髪の毛は毛乳頭という髪の根っこから栄養を吸収して育ちますが、帽子がきつ過ぎて血行不良を起こすと髪に必要な栄養が毛細血管に行き渡らなくなり、うまく育たなくなるのです。

頭の一部が圧迫される

男性の薄毛は男性ホルモンの影響による「AGA」(男性型脱毛症)がほとんどですが、帽子やヘルメットを長期間かぶり続けることによる「圧迫性脱毛症」という場合もあります。

野球選手や工場でヘルメットをかぶって仕事をする人に多いのですが、頭の同じ場所を長時間圧迫し続けると毛根が機能不全に陥り、その部分だけがハゲるという症状です。

悪い面ばかりじゃない!帽子は髪の救世主

夏の暑い日に帽子をかぶって外に出るのは常識です。もちろん頭に直射日光を浴びて日射病にならないためでもありますが、紫外線は頭皮に過大なダメージを与えます。

夏の強烈な紫外線は頭皮の細胞を破壊し内部の毛母細胞に達します。さらに紫外線による細胞破壊は徐々に進行し枝毛や抜け毛の原因になります。

逆に冬場は頭や頭皮を寒さから守ってあげなくてはいけません。頭が冷たい風にさらされると血管が収縮して血行が悪くなり頭髪に十分栄養が行き渡らなくからです。また、冬の乾燥した空気で頭皮に潤いがなくなるのも育毛にとっては悪条件です。

ここまでご説明しました通り、帽子はかぶり方によってはハゲの原因にもなりますが、その反面では夏の紫外線や冬の寒さや乾燥から髪を守る救世主なのです。

ハゲないための帽子のかぶり方 ~夏場編~

外出する時は帽子をかぶる

夏場、外に出る時は紫外線対策として必ず帽子をかぶるようにします。また汗をかいたらこまめに帽子をとってタオルで拭くようにしてください。

室内では帽子をとる

室内では帽子をとる、なるべく日光に当たらない日陰を歩くなど頭皮がなるべく蒸れないような工夫をします。もしも蒸れを感じた場合はなるべく早くシャワーなどで汗を洗い流すようにしてください。そのまま放置すると頭皮に雑菌が繁殖し薄毛が進行する原因になります。

帽子を清潔に保つ

汗で湿った帽子は洗濯をして清潔を保ちます。また、かぶらないときは風通しの良い乾燥した場所に保管してください。

夏の帽子の選び方

夏の帽子といえば麦わら帽子を連想しますが、まさにその通りで夏の帽子選びの第一の条件は通気性がいいこと。たとえば紫外線カットに優れたアウトドアハットやメッシュを使った帽子などがおすすめです。

ハゲないための帽子のかぶり方 ~冬場編~

寒い日や風の強い日は帽子をかぶる

寒い日や風の強い日は冷えや乾燥から頭を守るために保湿性のある帽子を選んでください。頭皮が乾燥し過ぎると雑菌の繁殖して薄毛の原因になるほか、人によっては頭にかゆみを感じることもあります。(冬場帽子をとった時などに多いですね) さらに頭を掻くという行為は、せっかく育ちかけた産毛を抜いてしまうことにもなるのです。

暖かい部屋では帽子をとる

寒い外から暖かい部屋に入ると体が温まって頭が蒸れるので、部屋の中では帽子をとるようにします。また夏場に比べて汗や皮脂は少ないですが、気になったらシャワーなどで洗い流すようにしてください。

冬の帽子の選び方

冬場の帽子選びは保温と保湿がポイント。主流はやはりニット系の帽子です。素材はアクリルかウール。形状は耳まで覆うタイプがおすすめです。また他にも一部内側にファーが使われているタイプや本皮や合皮でできたレザーの帽子もあります。

ハゲない帽子のかぶり方のまとめ

いかがでしたか。ここまで帽子をかぶるとハゲる理由や逆に帽子がハゲ防止に必要なわけ、そしてハゲない帽子のかぶり方をお話しましたが参考になりましたでしょうか。

帽子は頭を守りハゲを進行させないための大切なアイテムですが、ちょっと取り扱いを間違えると「帽子をかぶるとハゲる」結果になってしまいます。

ハゲない帽子のかぶり方の基本は蒸れないこと、適度に潤いを保つこと、常に頭を清潔にしておくことです。あわせて夏と冬の帽子選びもぜひ注意していただきたいポイントです。

それに、ちょっと髪の量がさみしくなってくると帽子はとても役に立ちますよね。どうぞハゲない帽子のかぶり方を守って髪の健康を保ち、育毛を実現してください。

髪を増やすための育毛アイテムランキング(準備中)

 - 育毛雑学