育毛COMPANY

誰もがいつか向き合うことになる「薄毛」を改善する方法を模索する情報サイト

意外と知らない事実!正しい睡眠が薄毛の恐怖から髪の毛を救う

lgf01a201409031800

      2016/02/02

ある程度の年齢になってくると避けて通れない髪の毛の問題。

油断していると突然薄毛の恐怖は襲ってきます。

どうせ遺伝だからと諦めている方もいるかもしれませんが、実は遺伝は薄毛の1つの要因に過ぎず、薄毛になりやすい体質になることはあっても必ずはげるということが決定していることはないのです。

では、どうやったら薄毛を予防できるのでしょうか?

薄毛になる主な原因はこの4つ!!

「薄毛」には大きく分けて4つの原因があると言われています。
そして、それそれに気を付けるポイントが異なります。

男性性脱毛症

思春期以降に前頭部、頭頂部に現れる、男性に多い脱毛症状です。
徐々に後退していくタイプの薄毛はこれに当たります。
日本人男性の30%にこの傾向があります。

ストレス

ストレスが溜まると、血が頭に溜まりやすくなります。
頭皮の血行が悪くなると、酸素等を運ぶ機能が低下したり、毛細血管が収縮します。
その結果として、毛根に必要な栄養素が送られず、薄毛の原因となります。

不規則な生活

不規則な生活をしていると、髪の毛が成長することができず、結果として薄毛になってしまうことがあります。

遺伝性

最初に述べたように、薄毛の原因は遺伝だけで決まるわけではありませんが、そのなりやすさは大きく個人差があります。
自分の家系に髪が薄い人がいるならば、注意するに越したことはありません。

実は…最も危険なのは20代後半!?

意外かもしれませんが、20代の後半が最も若ハゲになりやすい時期だと言われています。

この年代は新陳代謝のピークであり、身体の再生能力が少しずつ衰え始める時期なので、髪の毛も例外ではなく、ヘアサイクルが短くなったり、成長する力が衰えていくのです。したがって、薄毛が生じる要因になりやすいのです。

しかしながら、まだまだ体力や気力も十分で無茶もできる年代なので、ついつい無茶な生活を送ってしまいがちなのもこの年代の特徴です。その結果、ストレスや不規則な生活の負荷が髪の毛に現れてしまい、薄毛が進行しがちであると言えます。

まだ大丈夫と思う人も多いかと思いますが、この世代こそ髪の毛には最も気を使う必要があると言えるでしょう。

髪の毛を育てるにはどうすればよいのか?

薄毛の原因は人によって様々ですが、どんな場合でも、しっかりと髪の毛が育つ環境を作ってやることで予防につなげることができます。

では、髪の毛がきちんと育つのに大切なことは何なのでしょうか。

実は育毛の鍵は良質な睡眠にあるのです。
人間の体は睡眠中に成長ホルモンを分泌し、体の様々な組織の修復作業を行います。
その中に髪の毛の修復も含まれるのです。

成長ホルモンは特に22時~2時ぐらいに最も多く分泌されるので、この時間帯にしっかり睡眠をとることで毛母細胞が活発に働きます。
その結果、髪の毛の成長が促され、「育毛」や「発毛」へとつながるのです。

したがって、正しい時間に良質な睡眠をきちんととることが薄毛予防の第一歩であると言えるでしょう。

髪の毛を大切にして、素敵なライフを送りましょう

日本人の半分は悩まされているとも言われているほど、薄毛は我々にとって身近な問題です。

薄毛が絶対に悪いことではありませんが、歳を重ねても髪の毛でおしゃれができるというのは素敵なことです。街を見渡しても、ヘアスタイルがばっちり決まっている年配の方はすごく素敵に見えますよね。

今はまだ大丈夫だという方も、油断するとあっという間に薄毛が進行してしまい、取り返しのつかないことになってしまうことは珍しくありません。しかしながら、今までも述べてきたように、適切な生活を送っていれば薄毛はかなり防ぐことができるのです。

皆さんも今のうちから適切な睡眠習慣を心がけ、髪の毛に優しい生活を送ることで、歳を重ねても薄毛に負けない髪の毛を手に入れましょう。

髪を増やすための育毛アイテムランキング(準備中)

 - 薄毛予防