育毛COMPANY

誰もがいつか向き合うことになる「薄毛」を改善する方法を模索する情報サイト

育毛剤だけではダメ!髪の毛を守る生活!育毛生活を送る上で大切な四大要素

photo-1437915015400-137312b61975

   

育毛剤を使用し、それ以外の対策を何も取らないという、髪の毛を生やしたい人。その姿を見て、どう思うでしょうか。とても効果が上がるとは思えません。それは、ダイエットをしたい人が野菜だけを食べて運動をしないことと同じなのです。

育毛を行うためには、それまでの生活リズムを根本から変えていかなければなりません。
では、いったいどのような生活を送れば良いのでしょうか。紹介していきます。

血液こそが髪の毛の飼い主!運動と育毛の関わり

髪の毛に栄養を運んでくれるものといえば血液です。血液の流れが悪いと、どれだけ正しい食生活を送っていても、栄養が髪の毛に行き渡らなくなり、育毛効果は得られなくなってしまいます。つまり、血流こそが可愛いペットに餌を与えてくれるような、髪の毛の飼い主であるということなのです。

血流を滞らなくするために必要なものは、運動です。もっと言えば、有酸素運動がもっとも効果的な運動となります。さらに運動をすれば、髪の毛の大敵であるコレステロール値を下げることもできます。運動は、二重の意味で育毛活動の味方になってくれるのです。

負荷の少ない運動を毎日行うことが大切

「有酸素運動」という言葉を聞いたことがあっても、具体的にどのような運動を行えば良いかわからない人も多いでしょう。以下が有酸素運動の主な例となります。

  • ウォーキング
  • サイクリング
  • 水泳
  • スクワット

筋トレは基本的に無酸素運動なのですが、スクワットはゆっくりと行うことで有酸素運動にもなります。室内で行うこともできるので、雨の日などはウォーキングの代用として行いましょう。

このような軽い運動を毎日、20分ほど行うことで、血流は改善していきます。とはいえ、これを毎日行うのはかなりきついでしょう。そのような人は、通勤手段を徒歩や自転車に変えると、自然に毎日有酸素運動を行えます。オススメの方法です。

結局何を食べれば良いの?育毛のための食事

髪の毛を生やすための栄養素というと、様々なものが広く知られていて、結局何を食べれば良いのかわからなくなってしまうことがあります。そこで、育毛のために必要な栄養素と食材を紹介していきましょう。

タンパク質は髪の毛の元となる栄養素

タンパク質は髪の毛の原料となる栄養素です。動物性のものと植物性のものがあるため、以下の二種類をバランスよく食べるようにしましょう。

  • 肉、魚、卵(動物性タンパク質)
  • 大豆、豆腐、ピーナッツ(植物性タンパク質)

タンパク質の吸収率を上げるビタミン類

タンパク質を体に吸収させるためには、ビタミンも必要になってきます。以下は重要なビタミンの種類とそのビタミンが含まれる代表的な食材です。

  • ビタミンA(かぼちゃ、ブロッコリー)
  • ビタミンB6(マグロ、サバ、カツオ)
  • ビタミンD(鮭、しらす干し)

重要な他の食材

タンパク質やビタミン以外にも重要な栄養素は多く存在します。いくつか紹介していきましょう。

ミネラル

ナトリウムや亜鉛などのことです。貝類や青魚、海藻類に多く含まれ、亜鉛は育毛ミネラルとも呼ばれています。

アリシン

血液をサラサラにしてくれる効果があります。代表的な食材は、ニンニク、ネギなどです。

これらのものを食べれば、育毛剤や運動の効果を最大限に活かすことができるようになります。育毛は体外からだけではなく、体内からも様々な栄養素を与えるということが大切なのです。

ゴールデンタイムを最大限に活かすために!育毛と睡眠の関係

髪の毛は眠っている最中にタンパク質やビタミンなどによって、作り上げられます。そのため、育毛のためには良質な睡眠をとることが必須となるのです。では、良質な睡眠はどうすればとれるようになるのでしょうか。

ゴールデンタイムを逃さない

髪の毛が作られる状態というのは、成長ホルモンが活発化している状態のことを指します。そして、成長ホルモンが活発化する時間帯は、22時~2時の間です。

これは、夜行性の人の場合は時間がずれるということはありません。どのような状況にあったとしても、この時間帯がゴールデンタイムとなります。そのため、この時間帯を逃さずに就寝するということを心がけておきましょう。

成長ホルモンは就寝1時間後に活発化する

成長ホルモンは、眠りに落ちてから1時間後に最大限に活発化します。それを考えれば、ゴールデンタイムの1時間前には眠っておかなければならないということです。そのため、21時から8、9時間程度眠るのが、育毛を行う上ではベストなのです。

就寝前の注意

眠るとはいっても、しっかりとした深い眠りにつかなければ、成長ホルモンは活発化しません。そのため、以下のようなことは避けるようにしましょう。

  • 食後、3時間以内に眠る
  • 眠る前にカフェインを摂る
  • お酒を飲みすぎる

これらを行うと良質な睡眠が取れなくなってしまいます。せっかくの育毛活動をムダにしてしまう行為ですので、注意しておきましょう。

ストレスは育毛の敵!育毛のためのストレス解消

ストレスが溜まりすぎると、血行不良、睡眠不足、内臓機能の低下という症状を引き起こしてしまいます。これらは育毛のためには絶対に避けたい症状です。しかし、会社で働いていれば必ずストレスは溜まってしまうものです。避けることはできないでしょう。そのため、定期的ににストレス解消を行うということが大切になってきます。

スポーツでストレス解消

ストレス解消といえばスポーツです。運動を行うことで脳が刺激を受け、ストレスが解消されます。大勢で行い、大声を出すフットサルや、有酸素運動として育毛効果も上がるジョギングなどが最適です。

大声を出してストレス解消

大声を出すとストレスが解消されるということは、科学的にも証明されています。そのため、カラオケなどはかなり有効です。極論を言えば、自分の部屋で一人で大声を出すというのも良い方法です。ただし、近所迷惑にならないように注意しましょう。

愚痴を誰かに聞いてもらう

自分の中に抱える不満は、それを人に話すだけで、その一部が解消されるという性質があります。ただし、あまり愚痴を人に言い過ぎると、人間関係で問題が生まれてしまうこともありますので、ほどほどにしておきましょう。

髪の毛を取り戻すより守るほうが簡単

運動、食事、睡眠、ストレス解消、この四つが育毛のために大切な四代要素ということになります。そしてこの四つをしっかりと守るためには、以下のことを守らなければなりません。

  • 毎日運動をする
  • バランスの良い食事を取る
  • 21時には眠る
  • 休日にはストレス解消をする

これを守っておけば、育毛のための生活リズムはしっかりと整えることができるということです。様々な事情があるため、守れない人も多いと思いますが、失われた髪の毛を取り戻すためには、これ以上に大きな労力が必要となってきます。つまり、これを守って生活をするほうが簡単なのです。

このような約束事は、生活の中に組み込んでしまえば、すぐに自然な生活へと変わっていきます。要はやるかやらないかの違いですので、まずは実践してみましょう。それが自分のためになります。

そしてとにかく大切なのが、育毛のための正しい生活習慣を”継続”することです。
継続の重要性に関してはこちらの記事をご覧ください。
究極の育毛・薄毛対策のキーワードは「期間」と「継続」

髪を増やすための育毛アイテムランキング(準備中)

 - 育毛雑学, 薄毛予防