育毛COMPANY

誰もがいつか向き合うことになる「薄毛」を改善する方法を模索する情報サイト

育毛の前にやってくるのは抜け毛、その原因にストレスと過労が

cause-of-stress-and-overwork-is-thinning-hair

   

育毛しなくては、そう思う背景には抜け毛や薄毛と言った背景があります。自分の髪に異常を感じた時、それがすでに育毛の前段階と呼べるのかもしれません。もし近頃シャンプーの後、抜ける毛が増えているようでしたら、ストレスを疑ってみるのも良いかもしれません。

幾らなんでもこれはおかしくない、と思ったら

ふと気がついたらシャンプーした後、やたらと抜け毛が目立つ。幾らなんでも、ちょっとおかしくないだろうか、そう思うことありませんか。
慌てて育毛剤を買いに走る方もいるかもしれません、シャンプーを変えることを考える方もいるかもしれません。

それらも勿論効果的ではありますが、その前にちょっと考えてみませんか?
近頃疲れてはいないでしょうか、仕事や生活で無理してはいないでしょうか、ストレスがたまって身動き取れなくなっていないでしょうか。

「いや、今までだって忙しくしてきたんだし。」

体力気力に自信のある方は、そう思うかもしれませんが、その「今まで」の疲れが抜け切れず積もり積もって、大きなツケになっているかもしれません。ちょっと振り返ってみてください、如何なものでしょうか、思い当たる節があったら髪の毛の為にも、原因を軽減させていきましょう。

ストレス性の疲れは体調も崩します

疲労、特にストレスから発生した疲労は、大変にたちが悪いものです。積もり積もって、内臓に悪影響を与えていることもあります。
実際にそれが原因で、急性盲腸を発症したりと言った例もあるのです。

身体全体が疲れて、内臓にも負担がかかっている状態では、身体の末端部に当たる頭皮の毛根が元気をなくしても仕方ないことでしょう。毛根の元気が無くなれば、勿論抜け毛は増えていく一方です。
抜け毛が増えることでまたそれ自体がストレスになり、悪循環。所謂「負のスパイラル」状態が出来上がってしまいます。
この負のスパイラルを抜け出すことが、育毛の最初の段階ではないでしょうか。
原因を取り除かなければ、対処療法だけでは充分ではないこともあるのです。

まず身体の疲労度をチェックするところから、育毛を始めてみませんか。

体の不調が表に出れば、話は簡単なのです

なまじ身体が丈夫な人の場合、あまり身体自体の不調を感じないかもしれません。これは知らず知らずの間に疲れが積もってしまうので、実は危険なことなのです。

先に書きました、急性盲腸を発症した人の場合は、身体の不調がその一点に出て切除できたのと、入院中に休養できてひと時でも生活のストレスから逃れられたので、その後は状況が改善されました。その人もやはり、盲腸発症以前に極端な抜け毛に悩まされていたと言います。
この人の場合、入院中に抜けてしまった髪の毛が少しずつでしたが、戻ってきたそうです、勿論入院中でしたので何もケアはしていなかったのに、と不思議に思ったと聞きました。

このように身体の不調が表に出てくれば、そこで完全に身体を休めることも出来るので、抜け毛も改善されることもあるのですが、表に出なかった場合は少々問題です。
根本が壊れた、もしくは改善されないままでは、毛根の健康も戻らず育毛しても結果が出ない、という事になりかねません。

ストレスを軽減、体調を戻して健康な育毛を

ストレスそれ自体で抜け毛が増えてしまう人もいますが、殆どの場合ストレスによる身体の疲れが原因で体調を崩し、毛根を弱らせて抜け毛を増やしてしまう。
このケースは、決して少ないものでは無いと思われます。

まずストレスのものとになるものを軽減するか、自分の時間の中では出来るだけ忘れるようにしましょう。
不調が身体に出ているのを感じたら、検査に行くのもよいでしょう。何か不調が見つかったら、休みを取るなりして治してしまいましょう。

育毛のためにはまず、健康な毛根が必要です。
その健康な毛根は、健康な身体でなければ整いません。

育毛剤などは勿論効き目のあるものですが、それなりに刺激もあることは事実です。
健康な毛根には丁度いい刺激でも、不調な毛根には逆に刺激が強すぎるという事もあります。

まずストレスを軽減、身体を毛根を健康にして、健康的な育毛を目指しましょう。

育毛剤について、ちょっとひと言

最後に書きました育毛剤について、これは老婆心からひと言付け加えさせてください。

育毛剤は現在、本当に種類も多く販売されていますし、ドラッグストアで手軽に手に入ります。色々と試している方もいるでしょうし、どれを使用したらいいか迷っている方も多いと思います。
特に迷っている方の場合、以下のことを忘れずに記憶にとどめてから、育毛剤の選択を行ってください。

問題は、弱っている毛根に使うものだという事です、ご自分に合わない育毛剤を使用すると逆効果になりかねません。
必ずパッチテストをして、肌に合うことを確認してからお使いになることをお勧めします。

特にストレスや体調不良が原因での育毛の場合、このパッチテストを怠ることだけは避けるようにしてください。
あなたの健康な髪の毛のためにも、慎重な選択を行いましょう。

髪を増やすための育毛アイテムランキング(準備中)

 - 頭皮ケア・育毛